Plants Gathering

「プランツギャザリング」って何?

小さな花束から感動が生まれる

根を付けたままの植物を 切り花を束ねた花束のように自由にアレンジ!

束にする=”gather”が語源

根っこが付いた複数の花やグリーンの苗を一旦分解し、「小さな花束」として  新たに組み合わせて 器に植え込む日本生まれの新しい寄せ植えの技法「プランツアレンジメント」です。

普段の 寄せ植えは、1ヶ月くらい先に 美しくなるように 隙間をあけて植え込みますが プランツギャザリングは、 出来上がった時から モコモコで美しく仕上げられ
時間の経過とともに新たな表情を楽しむことができます。

 

「ベラボン」

Mother Leafのプランツギャザリングは、培養土を使わない 「ベラボン」と言う

ヤシの実チップを使っています。

培養土は重くて 捨てるのも困ってしまいますが「ベラボン」は、

とっても軽いので持ち運ぶのにも 比較的楽で 可燃ゴミで捨てられます。

手も汚れにくく、衛生的なので、室内やベランダガーデンにもおすすめアイテムです。

「ベラボン」は 、栄養がないのでお花が咲いている時期は 、

定期的に液肥をやらないといけませんが 夏は通気性がよく 冬は凍らない。

根の張りも良くて余分な水は吐き出してくれるので 根腐れの心配もありません。

人にも植物にも優しい優れものです。

 

そんな「ベラボン」を使ったMother Leafのプランツギャザリングは、

ローメンテナンスで モリモリに出来上がった時から ゆっくり成長していくので

美しい姿を長く楽しむことができます。